日本の家電はアフターケアやサポートがしっかりしており、何か困ったことが起こったときにはしっかり対処してもらえるだろうから大丈夫だろうな、という安心感があります。

日本メーカー家電の好きなところ、嫌いなところ
日本メーカー家電の好きなところ、嫌いなところ

日本の家電はアフターケアやサポートがしっかりしており

0歳 女性
日本の家電はアフターケアやサポートがしっかりしており、何か困ったことが起こったときにはしっかり対処してもらえるだろうから大丈夫だろうな、という安心感があります。実際にパソコンを購入したときにメーカーに問い合わせをしたことがありますが、とても丁寧に対応してくださり、問題は無事解決することが出来ました。

商品の保証期間もしっかりあるので、何かあって壊れてしまってもきちんと直してもらえると思っています。実際にデジタルカメラを落としたことがあり、動かなくなってしまったときにすぐに修理をお願いしたら、1週間以内にカメラは無事なおりました。

日本の家電は日本人好みの大きさ、デザインで、何よりもその種類の多さに驚きます。海外の電気店へ行くと、商品のバラエティが少なく、これだけしかないの?と思うので、日本には沢山の商品があり本当にいいなと感じます。
ただ、モデルチェンジしすぎではないか、と思うときもあります。デジカメやパソコンは一年に二回は新作が発表され、新しく購入しても、半年後はそれがもう古い商品になってしまうのです。
売れ残った前シーズンの商品はどうなってしまうのだろうと思い、資源の無駄ではないかと感じることもあります。新商品もいいけれど、消費者としては長く使える丈夫で優秀な商品を作ってもらいたいなと思います。