日本の家電メーカー品の好きなところは信頼感があるということです。

日本メーカー家電の好きなところ、嫌いなところ
日本メーカー家電の好きなところ、嫌いなところ

日本の家電メーカー品の好きなところは信頼感があるということです

47歳 男性
日本の家電メーカー品の好きなところは信頼感があるということです。
故障もしにくいですし、長い間使うにはやはり日本メーカーのものが良いと思います。また仮に故障したとしてもアフターサービスで、日本のメーカーならば満足できる対応をしてくれるはずです。
海外メーカーだと窓口がわからないこともあります。また対応に問題が生じることもあります。その点、日本のメーカーならば買ったお店でも対応してくれるなど、海外メーカーに比べて安心感があります。
ただ日本の家電メーカー品は、海外メーカー品よりも値段が高いのが好きになれません。そのあたりは信頼性と引き替えということになるかもしれませんが、やはり我々消費者にとって価格が安いということはうれしいことです。
日本の家電メーカー品は高機能すぎて、あまり使わない機能がたくさんついている製品も多くあります。海外メーカーよりも使い方が複雑になっています。もっと使い方をシンプルにし、あまり使わない機能を省略してその分価格を安くすれば、海外メーカーと価格的にも十分対抗できるのではないかと思います。

お役立ち情報