私は現在、海外メーカーの家電と国内メーカーの家電を両方使用しています。

日本メーカー家電の好きなところ、嫌いなところ
日本メーカー家電の好きなところ、嫌いなところ

私は現在、海外メーカーの家電と国内メーカーの家電を両方使用しています

43歳 男性
私は現在、海外メーカーの家電と国内メーカーの家電を両方使用しています。国内メーカーの家電の好きなところは、使いやすさと品質がよいところです。
また、メーカー保証もきちんとされているので安心して使用できます。
家電は、消耗品の一つかも知れません。年数を重ねて使用していると、老朽化していつかは壊れます。
しかしながら、国内メーカーの家電は寿命がとても長いと感心しています。自宅にある洗濯機、冷蔵庫、テレビなど、10年以上のものが多いですが、現在でも問題なく使用できるので買い換えしようというタイミングがありません。テレビは、デジタル放送に切りかわるタイミングで買い換えた方が多いと思います。私も薄型の液晶テレビが欲しいと思いましたが、使用しているテレビで観られるため、お金もかかるし見合わせることにしました。
10年くらいが平均寿命だとしたら、それ以上使用しています。おそらく国内メーカーだから、これだけ寿命が長いのではないかと思います。
国内メーカーの嫌いなところですが、すぐに新製品が発売されてしまうことです。
技術の進歩が早いため、新品を買ってもすぐに旧製品になってしまいます。自分の買った家電は、少しでも長い間新製品であって欲しいものです。