我が家で所有している家電は、全てが日本メーカーの物ばかりです。

日本メーカー家電の好きなところ、嫌いなところ
日本メーカー家電の好きなところ、嫌いなところ

我が家で所有している家電は、全てが日本メーカーの物ばかりです

61歳 男性
我が家で所有している家電は、全てが日本メーカーの物ばかりです。
それには幾つか理由があるのですが、好んで日本メーカーをチョイスする大きなポイントとしては、やはり信用性の高さが大きいように思います。
昔から使っているメーカーということで、自然と親しみを持てる事もありますが、日本メーカーの作る家電は、世界と比較しても、やはり良い出来である事は間違いないように思います。まず壊れにくい事は、家電製品の中には高価な商品がある事から、選ぶ側としては大きな判断基準となります。過去に海外製の低価格で購入できる家電製品を購入した経験がありますが、残念ながら想定していた使用期間よりもはるか早く故障してしまいました。
その想定期間の基準は、それまで使っていた日本製との比較で導き出した期間なのですが、中には一年も持たずに壊れてしまった物もある等、購入した事に強い後悔の念を持ってしまったほどです。

その他にも日本メーカーを好む理由としては、家電に搭載されている機能が実用的である事、扱いやすく計算されたつくりである事等、利用者の希望の家電製品を作る際に、それを反映させていると思います。だからこそ魅力ある商品として目に映るわけで、こうした企業努力が実を結んでいるのではないでしょうか。
それともう一つ、家電製品の高価さについて先ほど挙げましたが、それでも安心して購入できる理由としては、アフターサービスの充実さが挙げられると思います。故障や不調となり、それについて問い合わせると、本当に丁寧な対応で、元通りになるまで順を追って丁寧に説明してくれ、事を進めてくれます。この経験後に、とある日本メーカーからは、その後の調子の良さを確認してくる連絡があったこともあります。こうした細やかな対応が、日本メーカーへの信頼へと気持ちが傾いていくのです。

お役立ち情報