私が子供時代の昭和50年代は、家電といえば日本製しかありませんでした。

日本メーカー家電の好きなところ、嫌いなところ
日本メーカー家電の好きなところ、嫌いなところ

私が子供時代の昭和50年代は

36歳 女性
私が子供時代の昭和50年代は、家電といえば日本製しかありませんでした。
今は外国製品があふれすぎて、何がなんだかわからなくなったりします。特に韓国メーカーが急成長し、日本勢は昔のような勢いはありませんね。

しかし私は少々高くても、必ず家電は日本製を買うようにしています。まぁ中の部品は中国製とわかってはいますが。子供の頃から接している日本製には、まず心からの安心感と信頼感があります。だから、リコールや発火などの事故が少ないように思います。今人気のロボット型掃除機も海外製ですが、使っている友人に聞くと、物に当たると止まってしまい機能がイマイチとの事。もっと画期的な物が日本メーカーから今後は生まれてくると信じています。
スマートフォンも韓国製が多く出回っていますが、長い目でみたら、長持ちするのは日本製のスマホだと私は思います。
しかしアップル社のi-phoneはかなり優秀です。
日本製の最先端の搭載の下手さは嫌いです。

お役立ち情報