日本のメーカー家電の好きなところは、値段は高いのですがアフターサービスがしっかりしている点です。

日本メーカー家電の好きなところ、嫌いなところ
日本メーカー家電の好きなところ、嫌いなところ

日本のメーカー家電の好きなところは

40歳 女性
日本のメーカー家電の好きなところは、値段は高いのですがアフターサービスがしっかりしている点です。
我が家は壊れたらすぐに対応して欲しい物、高額な家電は日本のメーカーを使っています。1年で壊れても諦めがつく物は、値段によって海外メーカーの物も購入します。
数年前までは、我が家のパソコン4台全て海外メーカーでした。
同じ性能で海外メーカーの方が圧倒的に安かったからです。

でも現在は、4台のパソコンのうち3台が日本メーカーになりました。
残りの1台は普段使っていないので、買い換えていません。日本メーカーが安くなったわけではなく、パソコンの調子が悪くなったときのメーカーの対応が良かったからです。
今までは、パソコンの調子が悪くなったら主人が格闘して、それでもだめなら寿命だと思い買い換えていました。
購入したばかりなら、なかなか繋がらないサービスセンターに頑張って電話していたかもしれません。
最近のパソコンは設定を入荷時に戻すリカバリーディスクがハードに内蔵されているものが多いので、自分でディスクを作っておかないと、初期値に戻すのにも苦労します。サービスセンターに電話してみると、すぐに繋がり遠隔操作で初期値に戻してくれました。
おまけに無料だったので大変助かりました。
それ以来、パソコンも日本メーカーにするようにしています。