日本メーカーの好きなところは、やはり使いやすいところではないでしょうか。

日本メーカー家電の好きなところ、嫌いなところ
日本メーカー家電の好きなところ、嫌いなところ

使いやすい日本メーカー

38歳 女性
日本メーカーの好きなところは、やはり使いやすいところではないでしょうか。日本人が日本で使うことを考慮しているので、大きさや機能が日本人好みになっていると思います。かゆい所にも手が届いているような家電が多いです。
メーカーの機能が横並びになってしまうのは、致し方ないところなのでしょうか。
嫌いなところは、やはり機能性を追及しているので、デザインがいまいちなところです。
外国のメーカーだとそういったことはあまりありません。置いておくだけで、デザイン性が高いのでインテリアにもなり、家庭臭くなりません。
しかし、日本のメーカーの場合、そこまでは求められておらず、ボタンに英語で書いてしまうとお年寄りが使いづらくなってしまうということも考慮されているのでしょう。色も種類を増やしてしまうときっと値段も高くなってしまい、日本人のニーズの範囲を超えてしまうのです。
日本のメーカーなら安くしてもらえると思うのお客サイドの心理もあり、難しいところなのでしょう。

お役立ち情報