日本メーカー家電の好きなところといえば、何と言っても安心感のあるところです。

日本メーカー家電の好きなところ、嫌いなところ
日本メーカー家電の好きなところ、嫌いなところ

日本メーカー家電はやっぱりここが好き

26歳 女性
日本メーカー家電の好きなところといえば、何と言っても安心感のあるところです。
物がしっかりしているのはどのメーカーも共通です。
壊れることはほとんどなく、たとえ不具合があったとしてもすぐに修理をしてくれます。どこの家電量販店でも扱っているので、どこのメーカーのものでも、日本のメーカーであれば安心して使うことができます。
また、日本のメーカーのものは見た目が日本人好みです。
シンプルで、色も無難なものが多く、日本人にとって選びやすいものばかりです。
奇抜なデザインよりも使いやすさを重視し、どんな家でも使いやすいものになっています。

しかし、日本のメーカーの嫌いなところもあります。それは、値段。絶対に売れるという自信からか、海外のものに比べて値段が高く設定されています。お金のない学生時代には、海外のものの方がずっと魅力的でした。

好きなところと、嫌いなところがある日本の家電メーカー。その両面を吟味した上で、納得のいくものを選びたいものです。