日本の電気メーカーが製造している家庭用電気機器の、自分なりに思うメリット・デメリット、好き嫌いを、外国製品をよくわからないまま考えてみました。

日本メーカー家電の好きなところ、嫌いなところ
日本メーカー家電の好きなところ、嫌いなところ

日本の電気メーカーが製造している家庭用電気機器の

51歳 女性
日本の電気メーカーが製造している家庭用電気機器の、自分なりに思うメリット・デメリット、好き嫌いを、外国製品をよくわからないまま考えてみました。
耳にする話しも入れると、日本製品はちょっと前の物では細かい機能が満載過ぎて、「過ぎたるは及ばざるがごとし」と言われるのと似て、やり過ぎて使いにくい、などと不評な意見も聞かれましたね。
私も、実に同じ様に感じました。
テレビやリモコン・電子レンジなどが例に挙がっていましたが、便利そうな機能なのでしょうが、あまりに多過ぎてややこし過ぎて、全く使いこなせないし、使いたい日常の機能を見つけにくい、とまで感じたものです。
また、日本人が使うのに英語でばっかり書かれた文字には、正直憤慨します。高齢者にも実にやさしくありません。
メリット・好きな点は、壊れにくいことです。
デザインが美しく、機能的な面が多いと思います。もっと海外製品を知っていれば、もっとメリットをわかるのでしょうね。安普請でない点は、大きいと思いますが。国産メーカーでも海外で製造されている物が多いですが、規格内の物なら信頼できる性能と安全性があるのではないでしょうか。

お役立ち情報